FTPソフトでドメインを変更する

  1. Webサイトの作り方
Rui
Rui

webコンテンツ&WordPressクリエイターのRuiです!

ドメイン名の選定もSEO効果として重要だと理解している方はいるとは思いますが、
いざ実際にドメイン変更をすると手順が多くてやり方が分かりにくい!文章だけの説明で難しそう!

確かにいろいろと手順があるのでドメインの変更が初めての人は混乱すると思います。

早速、わかりやすく図解でお伝えしていきますね!

旧ドメインのファイルを新ドメインへ移行

1.fileZillaアプリの左上のアイコンをタップ

2.ドメイン変更したいサーバーのホスト名、ユーザ名、パスワードを記入して”接続”をタップ

3.Webサイトのpublic_htmlファイルを自分のPCに転送

移動

4.ファイルが移行されたか確認

5.新ドメインにpublic_htmlを転送

6.ファイルが移行されたか確認

7.WordPress管理画面の”設定”から”一般”をタップ

8.新ドメインに変更

旧ドメインから新ドメインにリダイレクト

1.サーバーパネルの設定対象ドメインから現在利用してるドメイン名を選択

2.ホームページの”.htaccess編集”をタップ

3. “.htaccess編集”をタップ

4.htaccessの中身を確認

5. 赤枠の301リダイレクトのコードを入力

6.赤枠に新しいドメインを入力

7. “確認画面へ進む”をタップ

8. “実行する”をタップ

9.SNSなどの投稿で旧ドメインのURLを貼り付け

10.旧ドメインから新ドメインに変更されたのを確認

Googleアナリティクスのドメイン変更

1. “すべてのアカウント”から旧ドメインを選択

2.歯車アイコンを選択→旧ドメインを選択

3. “プロパティ設定”を選択

4. 現在のプロパティ設定を確認

5. プロパティ名とデフォルトのURLは新ドメインを入力

6.保存

7. “ビューの設定”を選択

8.ビューの設定のURLを確認

9. 赤線に新ドメインを入力

10.保存

Google Search Consoleのドメイン変更

1.画面左上のドメインを選択

2. “プロパティを追加”をタップ

3. プロパティタイプの選択画面で新ドメインを入力

4. “続行”をタップ

5. TXTレコードをコピー

6. サーバーパネルから”DNSレコード設定”をタップ

7. “DNSレコード追加”をタップ

8. 種別には”TXT”をタップ、内容は先ほどコピーしたTXTレコードを入力

9. 内容のTXTレコードを確認して”追加する”をタップ

10. Google Search Console画面に戻り”確認”をタップ

11. “プロパティに移動”をタップ

12. 所有権を確認、”アドレス変更”をタップ

13. 新しいサイトを選択から新ドメインを選択

14. “検証して更新”をタップ

15. “移動を確認”をタップ

16. この画面が表示されれば完了

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございます。

GoogleアナリティクスやGoogle Search Consoleを利用しているならこちらもドメイン変更が必要です。

ドメイン変更するときは操作を間違えると取り返しがつかないことがあるため、必ずWebサイトのファイルのバックアップをしてください♪

Rui

Webコンテンツ&WordPressマーケター
WordPressを用いた自社HPの制作、Webライティング、ウェブ解析と、制作から集客までをサポート。集客→育成→販売に労力を割くため、制作の手間や起こりうる不具合を極限まで減らし、無駄のない制作力を身につけて頂くことを最も得意とする。

記事一覧

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA