Google search consoleのドメイン登録方法について

  1. Webサイトの作り方



Rui
Rui

webコンテンツ&WordPressクリエイターのRuiです!

『Webサイト作ったんだけどGoogle Search Consoleのドメイン登録ってどうやるの?』

Webサイト作成したのに、ユーザからのアクセス数やどのキーワードで検索してきたのかユーザの情報を分析しないでWebサイトを運営するのは良くないやり方です。

なのでWebサイトを作成したらGoogle Search Consoleの登録もセットでしていきたいですね♪


WordPressテーマ販売サイトTCDさんに当サイトがメディア掲載された僕が解説していきますね!

Google Search ConsoleでDNSレコードを確認

1.Google search consoleトップ画面で”今すぐ開始”をタップ

2.Googleアカウントのメールアドレスを入力→”次へ”をタップ

3.Googleアカウントのパスワードを入力→”次へ”をタップ

4.ドメインを入力

5.ドメインのhttps://や末尾/は削除

6. “続行”をタップ

6. ドメインのTXTレコードを確認

レンタルサーバにDNSレコードを追加

1. XserverのHPから”Xserverアカウント”をタップ

2. Xserverアカウントを入力し”ログイン”をタップ

3. “サーバー管理”をタップ

4. 設定対象ドメインでGoogle Search Consoleに登録したいドメインを選択

5. ドメインの”DNSレコード設定”をタップ

6. “DNSレコード追加”をタップ

7.TXTレコードの”コピー”をタップ

8.内容にコピーしたTXTレコードを入力

9. “追加する”をタップ

10. “DNSレコード一覧”をタップ

11.追加したDNSレコード(赤枠)が確認できたら追加完了

Google Search ConsoleでDNS変更の適用

1.ドメイン所有権の確認画面で”確認”をタップ

2.証明ができたら”プロパティに移動”をタップ

3.開始をタップ

4.操作説明を読む

5.追加したいドメインを選択

6. “設定“をタップ

7.画像通りになればドメインの適応完了

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございます。

Webサイトを成長させたいならユーザ情報を分析するのは大事です。

Google Search Consoleのドメイン登録もして準備を整えましょう!

Rui

Webコンテンツ&WordPressクリエイター
WordPressを用いた自社HPの制作、Webライティング、ウェブ解析と、制作から集客までをサポート。集客→育成→販売に労力を割くため、制作の手間や起こりうる不具合を極限まで減らし、無駄のない制作力を身につけて頂くことを最も得意とする。

記事一覧

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA